みずたま日和

どうってことない出来事

待ちに待ったわずかな時間

飛騨高山旅行当日。朝10時に出発。思ったより早く着きそうで、途中の鍾乳洞に少し寄ったけど、大人1人1100円だったからやめた。

恋人の聖地!みたいなこと書いてあったけど、小さい鐘とかあるだけだった。南京錠とか絵馬とか、さすがに恥ずかしすぎるのでこれもまたスルー。

 

ホテルに車を置いて、お目当ての飛騨牛串焼き屋さんへ。すごく地味で控えめなお店だけど、友達と行った時に食べてからもうそこしかダメ!ってくらい好き。

有名なラーメン屋さんにも行った。高山ラーメンはあっさりして細ちぢれ麺で、完全にわたしの好みだった。

 

ホテルにチェックインしに戻って、少し横になったらふたりしてお昼寝してしまった。起きたらもう真っ暗。わたしたちこういうのよくある。

夜ご飯を探してる途中で寄った雑貨屋さん。彼氏が見つけたメガネとヒゲの指輪、なぜかノリノリで買ってくれた。ヒゲの方はわたしの薬指にぴったりだったけど、メガネの方は彼氏にもちょっとでかくて仕方なく親指につけてた。

 

ふらっと入った天ぷら屋さんのカウンターで、のんびり夜ご飯を食べた。きすやえびの定番から、生姜や雲丹など変わったものまで。飛騨ふぐのてっさも食べたけど美味しかった。

帰りに気になってた喫茶店で、シュークリームをひとつとコーヒーをふたつ頼む。シュークリームは、カスタードのクリームがもったりとしててこれも美味しかった。

 

ホテルに帰って、まだお腹すいてるという彼氏のためにもう一度外へ繰り出す。ラーメン屋さんに着いたのは21時半をすぎたところ。

高山ラーメンではあったけど、お昼に食べたのとは違って、節の味が強い。意外にもぺろっと食べれてしまったのが怖い。お腹いっぱいでおやすみ。

f:id:MZTM5:20171106231211j:image