みずたま日和

どうってことない出来事

預金残高と君のこと

新居に引っ越してから、あっという間に3週間が過ぎた。

前に住んでたロフト付きワンルームにはもう新しい人が住み始めているらしい。電球変えに来てくれたり、ハチ退治してくれた昔の大家さんになんだか申し訳ない気持ちがあったけど、そういうことならまぁいいやと思った。

 

3週間経って、やっと色々分かり始めた。最寄りのスーパーまでの近道とか、最悪10分前に家を出れば会社に間に合うとか、あの信号は赤が長いから少し先の信号のない横断歩道を渡った方が早いとか。

引っ越してよかったことはたくさんあって、例えば、投げ込みチラシが減ったこととか、キッチンが5倍広くなったこと。部屋が増えたし、隣近所の騒音もなくて、日当たり良好。自転車置き場もある。

前のアパートよりはるかに住み良い。散々迷って決めた引っ越しだったけど、大正解だったと思ってる。今のところ。

 

最近は、新しい友達が増えて毎日けっこう楽しい。毎週だれかと会う約束がある。すごく良いことだなと我ながら思う。

高校にあがるとき、友達が出来るか不安だったわたしは母親に相談をしたことがある。

その時「ジャンル別に仲良くする子を作ればいいよ。音楽の話をするならこの子、勉強の話をするならあの子みたいにね。」と言われた意味が、最近になって分かってきた気がする。

 

この部屋も2年後には契約満期を迎える。2年って多分あっという間で、でもそのあっという間の2年で今の現状が全部ひっくり返るかもしれない可能性を秘めていて。

わたしはまたこの部屋と過ごす新しい2年間を楽しみに毎日生活してる。とりあえず自炊がんばる。

金木犀の夜

中学生の時、すごく好きな男の子がいた。何度か告白して、何度か振られて、それでも諦められないくらい好きだった。

多分彼は忘れていると思うけど、いつかの校内行事のときに彼から三ツ矢サイダー味のアメをもらったことがある。ピンク色の、桃味のやつ。

周りからしたら大したことなくても、わたしからしたら一大事件で、今でもコンビニで見かけるとその時のことを思い出す。

 

通っていた中学校から家までの道は何パターンかあって、本当はいけないことなんだろうけど、一緒に帰る友達やその日の気分で帰り道を変えてた。一人で帰る日は通ったことない道を歩いてみたりもした。

そのなかで、あのアメの甘いにおいがする道があって、当時はなんでか分からないままその道を好んで帰っていたけど、大人になってから、それが金木犀の香りだったと知った。

 

そんなことを、きのこ帝国の「金木犀の夜」を聞いて思い出したのでした。フジファブリックの「赤黄色の金木犀」ももちろん好きだよ。

ちなみにその好きだった男の子には、高校一年生の時に逆に告白をされて、1年と少しほど付き合い、「冷めた」という理由でわたしから振りました。懐かしいね。良い思い出。

小さな部屋に住む

月イチ周期の「ブログ書きたい夜」が来た。今日の日記を書く。

 

いつもより20分遅い起床。今日働けば明日休みとはいえ、やっぱり働くのはいや。きらい。

買ってから一度も着てないカーディガンを今日初めて着た。それでも少し肌寒くて、本格的に夏が死んだんだなぁ思った。今年も花火大会には行けずじまい。

 

カレンダーを見て、9月がもう3分の1終わろうとしてることに気付く。アパートの契約更新、締め切り確か今月末だったな、なんてぼんやり思い出して、物件検索アプリを落とす。

2階以上、バストイレ別、駅徒歩20分以内。条件入れて検索。今のワンルームアパートと同じ家賃なのに、なぜか2DKの物件とか見つかって面白い。物件見るのは楽しい。

 

帰宅は24時。リュックを置いてそのまま服を脱いで、化粧を落として、洗い物をした。一連の流れがスムーズすぎて引く。

明日は病院に行けたら100点。さらに洗濯して干して、乾いたのを畳めたら150点。雨が降るらしいけど、どの程度の雨だろう。

後悔するのよバッドエンディング

アパートの火災保険契約更新ハガキが届いてからもう2ヶ月が経った。面倒で冷蔵庫に貼り付けっぱなしのハガキ曰く、この部屋に住み始めて9月で4年になるらしい。

4年前この部屋に住み始めたわたしは21歳。契約更新してこの部屋にもう2年住み続けると27歳。

27歳なんてあと5年後くらいの話だと思っていたのに、もう2年後に迫っているなんて恐ろしい。こうやって自覚のないまま年だけとっていくのか。

 

2年弱付き合った彼氏と別れて1ヶ月。

これまで「別れる・別れない」で、ああだこうだ悩んでたのはなんだったんだって思うくらい、今は楽しいしラク

とにかく飲酒量が増えた。単に友達と飲みに行く回数が増えたってだけだけど、彼はわたしと付き合っていた約2年間で一滴もお酒を飲まなかった。それもあって、わたしも彼の前ではなるべくお酒は飲まないでいた。

別れた後、友達に「ほろよいも飲めないような男のどこがよかったの」と言われて、わたしは何も言えなかった。

「大好きだったのになぁ」と今でも思うことはあるけど、もう「好きだなぁ」とは思わない。当たり前か。

別れ方はゴミみたいだったけど、付き合ってたことを無駄だと思ったりしないし、付き合って良かったとも思う。でも別れ方はゴミ。ゴミクズ。幸せになれるといいね。無理だと思うけど。

うちには一人で帰ります

今日は雨。雨の音が聞こえる朝は、起きる気力が湧かなくて困る。

 

会社まで歩く間、椎名林檎の「正しい街」を3回連続で聞いた。「明日の空港に〜とても言えない」のなかの高音がこないだのヒトカラで上手く歌えて嬉しかったんだ。誰にも聞いてもらえなかったけど。

 

どうしようもなくて、仕事帰りにドラッグストアに寄り、マニキュアをひとつだけ買う。透明なベースにラメがたっぷり入ったマニキュア。

 

帰り道はずっと雨が降っていて、わたしは友達が誕生日プレゼントにくれた青いギンガムチェックの折り畳み傘をさしていた。風が強くて壊れそうなのが怖くて、途中からは仕舞って歩いたけど、雨に濡れても別にいいやと思った。帰りは椎名林檎の「モルヒネ」を聞いていた。

 

買ったマニキュアを家に帰ってすぐ塗ってみたけど、それでも元気が出なくて困った。仕事柄、足の爪にしか塗れないのが寂しい。

 

すべての憂鬱の原因は彼氏。もう連絡を取らずに一週間と二日。もはやもう彼氏ではないのかもしれないと思い始めた。ずっと心臓が重たくて、苦しい。こんなはっきりしない状態を脱して、きっちり別れればこの憂鬱が晴れるかと言ったらそうでもなさそうでさらに憂鬱だ。

 

答え合わせがしたい。未来のわたしは誰と幸せになっているのか知りたい。どの選択が正しいのかをこっそり教えて欲しい。助けてほしい。

8ミリフィルム

アカシック8ミリフィルムという曲が、本当に、本当に好き。

彼氏と別れた女の子が、引きずりながら忘れようとする曲。曲の一番最後の歌詞は「最速で離れてあげる いいよ、映画見るわ」。それで曲が終わる。

そういえばyonigeにもそんな歌詞がある。アボカドという曲で、別れた彼氏がモデル級の美人と付き合い出して「映画を見て現実逃避」だ。

 

最近の女の子は、失恋しても髪の毛を短く切ったりしない。映画を見るのだ。

それは、失恋した女の子が素敵な男性と出会って新しい恋に落ちる話かもしれないし、逆に全くラブストーリーとは程遠い、爆発ドンパチするようなスカッとする映画かもしれない。そう、マッドマックスみたいな。

 

わたしの一番最近の失恋は、元カレと別れた時。もう3〜4年前のこと。

気持ちはすごく冷めてて、いつ振ってやろうかと思っていたけど、先手を打たれてわたしが振られた。

その後、すぐわたしより可愛い女の子と遊んでる写真をインスタにあげてるところを見て(もちろんブロックされてたので、別垢からネトストをして見てた)勝手に傷付いていたあの頃。

 

その時は、どうしたらいいかわからなくてひたすらネトストしてた。精神的リストカット。見なきゃいいのに見てしまうアレ。なんなん。

今になって分かる。ああ、あの時わたしは映画を見ればよかったんだ。映画大好きなのに、その時は分からなかった。次に失恋する時がいつか分からないけど、この反省をちゃんと生かしたい。

ハンドメイドホーム

仕事中、無性にブログが書きたくなった。そういう瞬間がよくある。無性になんか買いたいとか、無性に辛いものが食べたいとか。

ちなみに今朝は、シャワー浴びてる最中に、無性にアジカンの「君の街まで」が聴きたくなって、久しぶりに聴いた。久しぶりに聴いても、やっぱり好きな歌は好きなままだった。

 

最近のわたしといえば、毎朝5時台に目が覚める。だけど、何をするでもなく、ただダラダラとベッドで時間が過ぎるのを待つ。

そうしてるうちに目覚ましが鳴って、止めたつもりがスヌーズになってて、また鳴る。また止める。そんなのを何度か繰り返していると、家を出る一時間前になって仕方なく起きる。そんな朝。毎日。

 

今日はあんまり良い日ではなかった。まず仕事が暇すぎる。お客さんが来ない。それでもなんとか時間を潰して、定時ぴったりで上がる。

帰り道、スタバでも寄るか〜と思ったら休み。来た道を戻ってタリーズへ。そのあとヒトカラに行きたくなって、カラオケ屋さんに入るも「40分待ちです」と言われた。「じゃあいいです」とカラオケ屋さんを出ると、さっきまで降ってなかった雨が。

 

なんか多分そういう日だったんだ。着ていたコートを傘代わりにして家まで帰る間に悟った。たまにある、そういう日。それが今日だったんだ。明日はちょっとでも良い日だといいな。